掲示板
 雨になりましたね。 como  2012年4月30日(月) 17:04
[修正]
どこかにお出かけでしょうか?

このところ、ニュースで居眠り運転や追突など、とんでもない事故が多発で、

何処にも行かずに家に居る方が安全・・などと思ってしまいます。

お天気がいいと、ガーデニングを楽しみますが、カンカン照りも疲れますね。

洗濯も3回位、洗えるものを探して洗うほどです。(笑)

今日は珍しく娘がランチにご招待してくれましたので、出かけて、焼き立てパンをついつい、食べなきゃ損みたいに食べて来ましたよ。

庭の鉢植えですが、クレマチスが咲き始めました。

昔、昔、室生寺の帰りに道の駅で買ったものです。


 クレマチス 管理人  2012年4月30日(月) 18:54 [修正]
 comoさんの内にはいろいろな花がありますね。
花に囲まれて暮らして居られるのが判ります。
 今朝は6時半に家を出て途中で筍を袋の一杯採りました。山の恵みです。
5号園の草刈も終わりました。
明日は7号園に行く予定です。坂がきつくて一番の難所です。
 昼間は暑いので8時半頃まで作業しています。
明日は曇りだと予報が出ていますね。雨にならない様に願っています。

 亀の瀬の亀石 管理人  2012年4月29日(日) 17:42
[修正]
 桜の会副会長の柴崎さんが亀の瀬の亀石に執心である。
大和川の亀の瀬に「亀石」がある事実を知らない方も多いのです。
亀石があるので「亀の瀬」である。画像ご覧下さい。
 昔の人はこの亀が動くので地滑りが起こるのだと信じていた。
向かいの明神岳が「龍」であり、大和川の亀石が「亀」であり、大和平野は古代より龍と亀に守られている。風水の先生は信じている。然も有りなんと思う。
最近。亀は1匹ではなく数匹居るのだと柴崎さんが考えている。
写真を撮って証明しておられる。大和朝廷の文化文明の玄関口、始発駅でもあったと思える亀の瀬。大変な凄い所だと言えます。

 表賞状戴く 管理人  2012年4月27日(金) 20:13
[修正]
 三郷町老人連合会より永年の功績が認められ表賞状が贈られて来た。

思えば永年やって来たものだと思う。

 功績・貢献などと評価される事は思い当たらない。むしろお世話になり交

流を広め深めるだけでした。むしろ此方からお礼を述べるべきだと思ってい

るくらいである。多くの素晴らしい出会いがありました。感謝です。

 根来寺大門 管理人  2012年4月26日(木) 20:17
[修正]
根来寺が如何に広大なお寺であったかを物語るのは巨大な「大門」である。

大門から奥までバスで5分もかかる。広大な寺院であった事が判る。

 3号園三浦園の芝桜 管理人  2012年4月26日(木) 19:27
[修正]
 3号園の入り口や周辺に三室の三浦さんが花壇をこさえている。

今、芝桜が綺麗に咲いています。

周りにはチュウリップや草花も沢山植えてあります。

 いるはいるは 柴崎  2012年4月25日(水) 15:38
[修正]
亀は三匹ではなっかた。昨日王寺町の亀を写真に写そうと、沼田君と出かけた。崖を降りて河原の水際伝いに亀石まで〜、手前にでっかい亀の首-。
 今日2時頃、会長からtelがあり有り中断。行って見ると台湾から、桜の会入会者100人の名簿と加入料を添えて王さんが来ていたのだ。混元先生は亀の瀬に来られた時30分も龍王社から動かなかった。運命か偶然か、昨日のこの時間、亀の瀬で写真を取っている。、さあデカイ亀の背中に乗る、お経を唱えながらシャッター押す。、ああ、シャッターが切れない、不思議だ、え電池切れで写真が取れない。しかたなく下の弁天橋へ、いるはいるは、合計八匹、亀だらけ。皆さん、案内しますよ。

 八匹も? como  2012年4月26日(木) 10:56 [修正]
じっくり川の中を覗いたことが無いのですが、この石は自然に削られて、亀の形になったものでしょうか?

それとも、どこからか運ばれて来て・・なんでしょうか?

楽しみが増えましたよ。

 ワスレナグサ 管理人  2012年4月25日(水) 6:33
[修正]
 4月24日の誕生日の花は「ワスレナグサ」画像です。

花言葉がずばり、「私を忘れないで」とあります。

片思いの哀しさが判るようです。

 亀の瀬の三匹目の亀 柴崎  2012年4月23日(月) 14:51
[修正]
大和川の中央に居る亀は、王寺町所有の亀ですが、一月末に。下流の弁天橋の山側に、弁財天を祭つている。大きな巨石、これが水の神様弁才天、これも亀石。三匹目は昨日の朝、雨が降っているので、草刈は無いので、亀の瀬の橋の上から上流を身ながら、足もとを見ると、目の下に、おおいるいる三匹目の亀だ。実は徳川家康の道明寺攻めの時、法隆寺に加勢を頼みに来たとき、安村氏も同道したらしく、亀岩の首が落ちたので峠道は不吉だから、対岸に新道を付けたという、古文書がある。私はこれお見た時から、亀石は数匹居るのだと思っていた、面白いね、楽しいね。

 面白いお話ですね。 como  2012年4月24日(火) 17:13 [修正]
いつも、興味深いお話を教えて頂いて、次に亀の背に行くことが有れば、しっかり見て来ようと思います。

柴崎様のような、地元の熱心な歴史愛好者が、もっと増えて行けば、龍田山や三室山も斑鳩町に取られることも無かったでしょうね。

地元に住む者は、どんどん、口伝えでも、次の世代に残さなきゃ・・ですね。

今朝の散歩で愛犬(ラブラドールレトリーバーの12歳)が筍を6本ほど取りました。
小さなものは中の柔らかい所を食べますが、太くなると、取る(折る)だけ取って、放っておきますので、もったいない・・と横取りして、昼食に頂きましたよ。

毎朝、4〜5本、取らせて遊ばせます。


 我が家のオダマキです。 como  2012年4月24日(火) 17:04
[修正]
以前からオダマキが大好きで、西洋オダマキのピンクも赤も黄色も集めていましたが、やはり種が出来にくくて、いつの間にか消えてしまいましたよ。

その点、昔から山に咲く、原種のオダマキは種が飛んで、毎年どこかで咲いてくれます。

気が付くと、我が家の庭でも咲いていましたよ。


 寒さに耐え抜いた桜草 管理人  2012年4月23日(月) 19:25
[修正]
 今年は桜草が元気が無い。
我が家では例年庭のあちこちで自生して鮮やかに咲いてくれていた。
今年は路地は全滅である。
辛うじて鉢植えが数株生き残って咲いている。健気でならない。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110
全 1689件 [管理]